「ほっ」と。キャンペーン

Metropole Muffin★メトロポール・マフィン

metropole.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

■日曜日はクリームバナナパイ日和♪


m512261


こんばんは!
metropole muffinこと、メトロのマフィンです。

バレンタインが過ぎて、三寒四温が顕著に。。。
冷え込みが厳しい日もあれば、今日のように温かな日も。
しかしながら日差しは春めいて参りましたね。

お気に入りのコートももうすぐ手放さねば、第一段階の衣替えがなんだか淋しい気もします。
というか、コート脱ぐと、その下がね。。。コートで隠してたのがね、お洒落さんじゃないのであらま~の格好ばっかしですから困ります。

今更スーツ姿も様にならないし・・・ラフな格好をし続けていると戻れません。
パンツばっかしもスカート穿けないかも、という具合。
嗚呼、メイクも然りです。

春夏秋冬が昔に比べれば曖昧ながらも一応移り行くのはそういうことを気付かせてくれることで有難いのかもしれません。
薄着になりゃ~ちっとは身体を戻さねば(苦笑)、ですね。

バレンタイン以降にチョコレートクリームを作って、プレーンマフィンと混ぜ込んだら意外にも形が崩れずに焼きあがったマフィン生地のスクエア型。スライスしたら、ちょっと面白い格好でパウンド型のような焼き菓子になりました。
チョコレートクリーム、フロスティング用にもなるんですが贅沢に混ぜ込み。。。はい、チョコレートが贅沢ですってば・・・ヴァローナのグアナラ。カカカオ分70%、チョコレートらしい苦みと、わずかな酸味が特徴のブラックチョコレートなのですワン。




チョコレートクリーム・マフィン、とでもいっておきましょか。


春めいた日差しの中で、ルピシア御大ショリさんからの頂き物、白桃烏龍茶でのんびり~しているとくろさん亭さんが叶匠壽庵「特製きんつば」なるものをお土産にいらしゃいました。
こんなご機嫌・不思議な組み合わせも、ありなんですね。
粒餡に栗を贅沢に合わせた逸品です。

桃に小豆に栗。。。和のなごみが輪を織り成す季節かな。。。
庭木も紅白の梅に色づきがと見上げて、工房の入り口に飾ろうかとも思いましたが、無精者のワタシですから大振りの壺に梅を生けても後始末がきっとできまへん。。。わいな~と諦めました。
梅も桜もまんまで見上げるがよい、と。
自然のまんまでしばし参ろうかいな~です。



頂き物は画像なしも多いので勘弁です。
即行いただいてしまって。。。お腹の中に直行でしまった!といつもの調子です。
折角の糸石家秘伝のTAMAちゃんコロッケも完食。ゴボウ天はカリコリ~完食。チーズ揚げもね。。。スミマセンね。

あ、地産倶楽部の新製品になるのか?!ポークカレーは今までのたりとっとカレーとはかなり違って、これまた美味しい。
ワタシは強力な位、スパイシーなオリジナルのたりとっとカレーが好きなのですが、ポークカレーは随分と野菜の甘味が深くなって、それが柔らかで舌触りも良い良質な豚肉に程よくからまって大勢のファンを獲得するのではないか、と。

そうですね~子どもから大人まで、イケル味!とでも申しましょうか。
軽いがコクある、というマイルドな仕上がりでお薦めです。
こういうお味もあったのね~たりとっとカレーてなわけですね。
はい、ご馳走に相成りました。




糸石家TAMAさんと地産倶楽部マチコさんの密会の様子。。。(嘘ウソ:笑)
奇しくも同じ迷彩。。。なんだかな~美味製造業姉妹かッ!
画像が小さいのはワタシの撮り方が下手だったデス(スマンです)


梅見から桃の節句に向かう季節です。その先には桜。。。

2月に入って何冊か本を買った中に、杉浦日向子を振り返ったものがありました。
その中に花見について書かれたものがありまして、梅、桃、桜。。。江戸の花見を説いたもので、ちょっと心に留め置きたい件になっております、デスよ。

その江戸の花見処のひとつですが、吉原がありまして、遊郭でありますね。
隅田川から山谷堀を遡り、日本堤を越えまするとお歯黒溝(ドブ)と呼ばれる塀に囲まれた・・・遊郭吉原がありまして、この吉原の年中行事のひとつに寛保3年(1743年)からはじまりました夜桜の花見があったそうでございます。
毎年三月朔日、吉原仲之町に満開の桜数千本を植え、下草に山吹を添え、周囲を蒼竹の垣根で囲ったとか。
この桜、不夜城吉原の夜桜のため、150両の大金をかけ開花時期に山から根のついたままを運び、散れば抜いてしまう。。。という、なんとも贅沢な花見であったと申します。江戸一等の遊郭ならではの花見だったわけです。
ちなみに桜が抜かれて間もなく。。。今度は菖蒲が一斉に植えられたのだと。

季節を先取りする催事で花を用いるのは骨の折れる仕事になります。
桜、菖蒲、牡丹、等々・・・昔、各々の催事で咲かせねばならなかったことがあり、朝な夕なに蕾の具合、花のつき具合が気になって何度も状態を確認し続けたことがあります。
本番に一斉に咲かねば意味のないこと。。。
花にとっては迷惑千万な話ですが、保管の場所の温度を上げ下げ、明るさの上げ下げ。。。その当時、折々でお世話になった職人さんたちも今は懐かしく。。。あります。


モカチョコのアイシングがけバージョン





Cream Banana Pie
メトロのクリームバナナパイ


昨日、今日と・・・松田さんちのフレッシュ完熟バナナをマッシュするばかりではあまりに勿体無いのでパイを焼き上げて、クリームバナナパイにしちゃいました。

鉄板いっぱいに焼き上げて、カットしただけですが・・・クリームパイ用のフィルム等もないままに作ってしまった(苦笑)ので、簡易的な様子で箱入れでお持ち帰りいただいております。誠に申し訳ない、です。でも・・・お口にあったかどうかが・・・どうだったでしょうか。

Crystal Gayle - Don't it make my brown eyes blue (HQ Audio)
上、クリックね

日曜日の夕暮れ時にTAMAさんからケンタッキーフライドチキンをいただきました。
ケンタッキーフライドチキンは年に何度か食べたくなるのです。なんというタイミング!食べたい日に食べることが出来るのも不思議でご機嫌さん、であります。
ケンタッキーつながりでクリスタル・ゲイルの懐かしいヒット曲ね。
[PR]
by metropole | 2010-02-21 23:24

■懐かしい好青年が今や。。。Mr.Igor!


m512261


こんばんは!
metropole muffinこと、メトロのマフィンです。

歩き始めのたった1~2分の違いで人は出会ったり、すれ違ったり、気付かないままに見送っていたりするのだということ、それが今日の出会い。。。

丸菱へ材料の買出し。ふと思い立って、出かけた。
横断歩道を渡りきって、バス停に立ったと同時に目の前にバスが滑り込んだ。
まるで自動ドアの如く目の前でドアが開く。こんな風に絶妙のタイミングで乗車などあまり記憶にないなぁ~と乗り込んだ。

下車する場所は白川公園前。
スタコラ歩道橋を渡り、丸菱を目指す。
途中にある草葉教会。若いってわけではないから少し位は思い出もあるさ、と・・・あれ、今日は誰かいる・・・外人さん・・・男二人・・・あれ・・・あ、あれ?・・・イゴール!。
ええッ!イゴール?もしや・・・

思わず駆け寄ったら、イゴールも向かってきて・・・うはーッ!しっかりハグ!
でも、あなた覚えてないでしょ・・・まぁ、でもその笑顔、お人柄ね~って。

だってね、20年振り・・・位の再会。
ワタシは覚えていても貴方覚えてないでしょ・・・なんて、言いながら。
それでもイゴール君は日本語忘れてないので助かった。


20代のイゴール君(この写真なら、君づけでもいいかな)

ずっと前、クリスマスの時に写真撮ったわよ。
教会ができた年のクリスマスだっけ・・・。
木島先生と一緒に作った教会、ね。
北海道大学から熊本大学大学院にやってきて・・・、やがてイゴールは東京の磯崎新氏の元へ・・・。
そうしてスペイン、サンジョルディ・パレス(バルセロナ・オリンピック・スポーツホール)の建築にも参加していたんだっけ。
もしかして、あの時、モンセラート・カバリェが、フレディ・マーキュリーの代役としてホセ・カレーラスと「バルセロナ」を歌っていた時、きっと聴いてたよね。
そうしてアメリカへ、それから再びスペイン。そして、なんと今は上海ですか。

思い返せば、あの頃・・・20代のイゴール君は人懐っこい青年で、ちょうどクリスマスのミサの開催されている草葉教会へ哲さんを伴い行った時に彼も来ていて写真撮ってました。
若き日のイゴール君。
今や君づけもなんだか出来ない大人になっちゃって・・・

この日、彼は日本初訪問のスペインの建築家の友と一緒でした。
彼が携わった日本での建築物を見せていたんですね。
日本でも熊本は懐かしい場所と選んでくれたんでしょうね。
スペインといえば牛深のハイヤ大橋もスペインの建築家レンゾ・ピアノ、県立美術館分館の設計もスペインのホセ・アントニオ・マルティネス・ラペーニャ & エリアス・トーレス・トゥーアによるものでしたから、二人で見に行ったのかも。
熊本大学にも足を延ばしてみるって行っていました。

二人、教会の前で写真をと撮ってあげて、ちゃんと十字架が入る角度のとアップと撮りました。
この後、京都から東京に戻り、上海に行くといっていたイゴール。
メール、ね、送りましょ。懐かしい若き日の写真も送りましょう。


草葉教会


さて、イゴール・ぺラザ。
どうやら今はスペインのEMBT建築設計事務所に席を置いている模様で、なぜ上海にいるかといえば今年5月に開催される2010年上海万国博覧会のスペインパビリオンの建設プロジェクトのディレクターでありました。

2010年上海万博概要
時間:2010年5月1日―10月31日
場所:上海市都心部、南浦大橋から盧浦大橋までの黄浦江両岸地区
会場面積(観覧エリア):328ha
参加者(目標):200ヵ国 国際機関
入場者数(目標):7,000万人

スペイン館は敷地面積が7000平方メートルで、スペインの大きな籠と呼ばれる。
外壁は籐で装飾され、鉄鋼構造に支えられ、陽光が籐の隙間を通って、パビリオンの内部を照らすという。
藤の板の色によって、自然的要素を持つ古い中国文字を象徴し、中国人の来館者に深い印象を与えるのだと。

現段階での詳細は以下より。。。

スペイン国家館の藤編みのコートを

miralles tagliabue EMBT: spanish pavillion at shanghai expo 2010




最近のイゴール君、といえない、イゴール氏ですワン。
充分大人で、責任ある位置にいるんですものネ。


これはバルセロナのサンタカテリーナ
これにも携わっていたんですね。。。偉いなぁ~

イゴール・ぺラザは以下へ 英語でご覧になるといいかも
熊本の記載もあります。。。活躍しているッ!

Igor Peraza Curiel(彼自身のサイト)

Arq. Igor Peraza Curiel
Saturday, January 24, 2009(撮影画像)

彼の友達が教会の前でイゴールと一緒の写真を撮ってくれたけど・・・
「あれ~ノーメイクよ!」と慌ててしまいました。
ふわぁ~ワタシはなんだかアジアのオバチャンしているね(苦笑)
やっぱり外に出る時は多少のメイクぐらいしないとイケマセンな。
「眉がないよ~」って言ってイゴール君に笑われました(苦笑)。
嗚呼、存分にお年頃を越えてるちゅうのよね、ワタシ。

でもね、20年(凡そ)を経て、再会できた彼が今はスペインで、世界で活躍している。。。建築家として頑張っているんです。
自分だけが20年の歳月を過ごしてきているような気になって、ワタシの前ではイゴール君なんですが、彼も立派に大人なんだもの。人柄の良い、好青年がどんな20年を過ごしてきたのかと思うとね、プロフィールを紐解けば、いろいろ想像するわけでね・・・。
嗚呼、偉いなぁ~イゴール君。

上海の風は冷たくないかい!?
どうぞあったかい風が彼を包んでくれますように。
5月晴れに映えるスペイン館が無事に竣工しますように、ね、祈ります。

ウェルカム上海
単なる上海つながりでね、上、クリックね

Barcelona
やっぱりバルセロナもね。カバリェも素晴らしッ
上、クリックね



おまけです。。。イゴール君の写真を撮った横で。。。
その日の哲さん

[PR]
by metropole | 2010-02-18 23:53

■明日は日曜日のヴァレンタイン・デイ


m512261


こんばんは!
metropole muffinこと、メトロのマフィンです。

すっかりご無沙汰しながらもひごなびはアップしたり。。。ボチボチですが、明日の日曜日はヴァレンタイン・デイ。
日曜日がヴァレンタイン・デイだと、義理チョコというのは少ないのかも、ね。
どうでしょう。

今日もゆっくり1時OPEN。でもひごなびやブログご覧になってない方にはまだ浸透していない。。。ようですのでごめんなさい、とお詫びの日々。
1時OPENといっても、記載しております通りに午前中でもご予約はご用意しております。

昨日、今日はハートのチョコバナナマフィンのご注文をいただきましたので少し多目にウォルナッツ仕立てと、ストレートをご用意。
箱に入れてのお持ち帰りもね、有難うございます。
お役に立ったでしょうか。先様のお口に合うチョコバナナのハート型マフィン。。。だったら嬉しいです。
ちょっと贈物も緊張しますね。

今年のヴァレンタインはパンチdeチョコ&チョコも作らず、ちょっとアメリカンなチョコクリーム、フロスティングでありますね、これ作り始めましたので地味かなぁ~(苦笑)
アメリカのレシピを参考に作れば、ま、甘い~のですがそれも毎日じゃないからいっか、と。それにチョコマフィン生地の中のオレンジピールが後口をスッキリさせてくれるからいっか、と半ば自ら言い聞かせつつ作っては食べ、作っては食べてしまって。
微妙に味が違って参ります(苦笑)。
カカオマス加えるのもいいかも、です。
ベースのチョコは、高価です(苦笑)が、カカオパウダーとの相性といいますか、やっぱりヴァローナになります。


お馴染みチョコバナナ

チョコマフィン

そういえばミトンさんが、妊娠中にチョコレートを食べると・・・・・・・良く笑う赤ちゃんが産まれるって聞いたそうです。
ええ?初耳!と、調べてみましたら、ありましたね~ 「どこかの国でチョコレートを妊娠中に毎日食べた妊婦さんから産まれた子供と
食べていない妊婦さんの子供を調査したところ、毎日食べていた妊婦さんから産まれた子供の方がよく笑う赤ちゃんが多かったらしいです。」云々というものでした。

ま、掘り下げて調べてはいませんが、チョコレートが妊婦さんにいいのか、悪いのか・・・諸説あるようですが(http://www.kondo-wh.com/blog/2008/05/post_230.html)、程々っての大事でしょね。
その程々ってのが難しいんでしょうけれど、よく食べ、よく寝て、よく働く。。。なんてね。

でも笑う赤ちゃんって、見飽きない、可愛いです。
はじめてだといろいろ不安もあるでしょうけれど、きっとお母さんが可愛い~って思う気持ちで見ているって伝わるのでは。
赤ちゃんはそれが一等嬉しい、安心なのでしょ。
安心しきってニコニコしてくれるってこともありますよね。だからゆったりのんびり~楽しい日々をお過ごしください。

ちなみにチョコレートの場合はどうやらダークチョコレートの方を推奨している記事が多かったですね。
ダークチョコレートとは、大体カカオの含有量60%以上のものですかね。
メトロのチョコレートクリームのベースは70%以上のダークです。
でもちょっと仕上げは甘めになります、かな・・・・。

本当はハーシーの無糖が欲しかったんですが、入手できませんでしたので・・・なんだか結構お上品な原材料でアバウトな(苦笑)ヴァレンタインマフィンを作っているのかいな~なんてね。


トップはストレートなチョコバナナマフィン


トップはウォルナッツ仕立て




発送も明日お届けですネ。
で、これはヴァレンタインだけって品ではございませんのヨ!

あら~光の森さんは間もなく苗場へGO!ですって。
楽しみですね。
ワタシはお土産話が楽しみです。

ユーミン、大好きな光の森さんは苗場の後はIKEA、ですか。
ちょ、ちょっと待って、ね、カタログ今夜見てますので。。。。汗(笑)

BLIZZARD 2006
上、クリックね

さ、明日がヴァレンタイン日和になるのか、どうか・・・
ヴァレンタイン日和ってのは、曇り空の下でも、なんだかウキウキ気分で自分チョコを食べちゃうぞ、ってことでしょか。
美味しいチョコを分かち合いたい友達とお昼ご飯を召し上がったり、デートにいそいそ出かけたり、ご夫婦で普段通りの会話しながら珈琲カップに小さなチョコがあってもいいじゃないですか。

美味しいと思えるものを一人で幸せ~って食べること。
美味しいと思えるものを誰かと一緒に美味しいねぇ~って食べること。
であれば、何れも貴女の明日はヴァレンタイン日和。。。



昨日のチョコフロスティングです。。。やや濃い渋甘ッ!


チョコレートクリームマフィン
生地はチョコ&オレンジピール。中にはクリームチーズもね。


あのう・・・決して皮肉じゃないデスからね。ペコリ
Blue Valentine's Day -大滝詠一
上、クリックね
[PR]
by metropole | 2010-02-14 00:54