「ほっ」と。キャンペーン

Metropole Muffin★メトロポール・マフィン

metropole.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

■8月、夏も過ぎ行く・・・


m512261


こんばんは!
metropole muffinこと、メトロのマフィンです。

少しばかり閑古鳥が遠のいた今週。。。やっぱり秋は忍んで来ましたね。。。
時折吹く風もちょっと違います。
嗚呼、大好きな夏がこうして今年も終わっていくのね~と。

といいましても9月、10月までは半袖でしょうか。
巷は真夏日にはすっぽり長い手袋、帽子、長袖、カーディガン、ストール、日傘の中、シミは増えれどもやっぱ夏はノースリーブでしょ、のアタクシであります。

ワンピースもノースリーブ。。。去年の入りません!でした。
一回り成長(きゃッ)したまんまで夏を終えそうです。困ったちゃんで食欲も衰えず、であります。

今日は毎日、仕事が終わるとどうなさっているの?というご質問。
う~む、見逃した、上映されなかった映画のDVD一本、もしくは本を一冊、が日課でしょうか。
乱読ですね。

最近読んだのは、軽いですよぉ~ヴィレッジブックスのシリーズを子飼商店街の古本屋で買い込んで。。。一冊100円也~ですからね。リサ・ガードナー「今は誰も愛せない」「素顔は見せないで」、ダイアナ・ダイヤモンド「糖蜜色の偽り」、イーサン・ブラック「殺意に招かれた夜」等、サスペンス物ですから・・・ま、ドラマ一本って感じでしょうか。ダイヤモンドはイケマセンでしたが、イーサン・ブラックはまあまあ他も読んでみようかと少しばかり触手が動きました。

で、そんな中、絶版になっていた本・・・というのは手にした後に分かったラッキーな一冊。
リーサ・セイント・オービン・ドゥ・テランの「イタリア 夢の館」は集中して・・・読みきり一日では無理、二日かかりました。
これはイタリアの田舎に住み手のなくなった館が欲しいと願っていた著者がある日見つけたヴィラに一目ぼれしてその田舎に移り住み、廃墟化した館を修復し終えるまでの物語。
イタリア、ウンブリア州の地図にも探せない田舎にいきなりイギリス人の著者が子ども連れで入り込んでくる辺り、結構大胆不敵ながらも徐々に村人から迎え入れてもらえる様子など、頼もしくもあり、時にこの人物には到底付き合いきれない、ついて行けないぞお~と思いながらも最後まで目が離せない一冊でありました。

翻訳本と原書・・・イメージが違ってますがね。中央が若き日・・・の著者

なんだかウンブリア州、イタリアの田舎情報がここの所、繋がっているのが面白いな~って。
さて、この情熱的というか激情型というか。。。猪突猛進というかの著者のプロフィールはユニーク。
名前で検索すればいろいろ出て参ります。16歳でベネゼイラ人との結婚の為にイギリスの学校を中退、その後2年間程、イタリアを回り、夫の故郷ベネゼイラへ。
ここでプランテーションを経営するという夫の家族(貴族)と共に暮らした7年の結婚生活。精神に異常をきたした夫の元を逃れるが如くイギリスに戻り離婚。
詩人であるジョージ・マクベスとの結婚、離婚。
画家ロビーとの結婚、離婚。。。
この物語の館での出来事は、ロビーとの生活時期に重なり、そこには愉快で楽しげな家族の様子も描写され、村人・・・特に館のの修復に手をかしたイーモロの姿が印象深いのでありますが。。。現在、なんてこった!
彼女は4人目のカメラマンの夫ミーズ・ヴァンデートとアムステルダムですと。
で、映画会社を経営しながら、モザンビークでターン財団を設立。

あれまあ・・・時間は流れるのであります。
あの館、いったいどうなったんでしょう・・・誰の手に渡ったのか・・・
職人気質のイーモロ親方に肩入れするように描写されていたと思われる、哀愁を漂わせるオルソラの男達。
あの時期のヴィラ・オルソラ!

結局、リーサにとって、一目惚れして夢見た館、ヴィラ・オルソラは安住の地ではなかった、ということであります。
そこが現実、彼女に相応しい結末まで走るのでしょうけれど、う~む、あの館、イーモロはいったい・・・
切ないなぁ~~~であります。

そういえばウンブリア地方の料理にもポルチーニ茸を使ったものなどありましたっけ。
今月の中旬に弟夫婦からお土産に貰った紀伊国屋の生パスタ。。。美味しかったぁ~。
ソースもたんまり~ありましたが、普段使いのお安いクリームシチューにはジャガイモやら玉ねぎを煮込んで仕上げに乾燥ポルチーニをよく加えます。で、パスタをからめれば、もう~満足の夕食一丁上がり~であります。

今は茄子やトマト、バジル、冬瓜、カボチャ・・・お野菜豊富な子飼商店街。
茄子なんぞ、熊本特産の長茄子はぐわ~んとカーブしてしまったものなど3~4本で100円ですわん!
あれま、また食べ物の話に落ちてきました。。。あはッ

That's amore
昨日が満月でした。映画「月の輝く夜に」、良かったな~。
上、クリックね
[PR]
by metropole | 2010-08-26 23:43

■タルトでマイ・ブルーべりー・ナイト♪


m512261


こんばんは!
metropole muffinこと、メトロのマフィンです。

今日は年に一度?のタルト祭り。。。なんてね。
何が祭り。。。なんでしょうね、と呆れられる位に小さく騒いでました(笑)
それでも嬉しいことにマーガレットさん、ホワイトリリーさんは萌ちゃんと、スリム過ぎる!華奢なキラキラ光る一番星さんは自転車で、驚きのくろさん亭さんまでお越しくださって、有難うございます。

もちろん、お名前存じ上げないけれど・・・時々お顔を見せてくださる方、今日は!でしたね。
相変わらず、笑っちゃうようなマイペースでやっていますが時にはこうしておいでいただく方にお得な事だってなけりゃね!
ま、これも金沢の合田さんのおかげなんですってば。


可愛いタルトは兎にも角にもブドウを美味しく召しあがっていただけるように、というだけでご用意できたものです。
あ、そうだ、昨日の・・・千疋屋さんでひと房一万円を超えるってのは間違いで、ふた房で1万5千円でした。。。あは、私が一等興奮してたのかもね。
で、人はこんなにも手を加え、美味しいものを育て上げることが出来るのですね。

美味しいものの力って、凄いな~と改めて思います。
なんでこんな味に仕上がるんでしょう。。。育ててる人と果実の相性、収穫までの四季折々・・・いろんな会話が聞こえてきそうです。

古いと言われようと、アタクシはそういうものだと思っています。
というわけで、いつもながら厨房でも道具やオーブン相手にブツブツ言い聞かせながら、頼むぜ!なんて・・・そんな毎日です。
あ、庭にあった木は今月頭にバッサリ、とやっていただきましたがお陰様で陽が燦々と差し込むので暑いのですが、一昨年にバッサリ根元から伐採されてしまって。。。どうしたら新芽を出せるのか調べたりしていた木が、なんと今月新芽を吹き出して。
我が目を疑う。。。あれ~~おいおい、出ているじゃないの!

二年目に新芽、ふわ~驚きます。
同時にくろさん亭さんやリリーさん、マーガレットさんもご存知の工房正面右手の榎も、とっくにアタクシの背を超えて、ぐ~んと伸びてますものね。
これもそういえば、マフィン屋を始める時には既に根元から伐採されたままの状態だったが二年後に新芽を吹き出したんでしたね。
植物の生命は侮れない、というか・・・まだまだ分からない力ということでしょうかね。


今週の月曜日はウンブリア州カステッルッチョの夏でしたね

前にお知らせした「小さな村の物語 イタリア」は、BS日テレで月曜日8時から放送していますが、土曜日にも以前のものをアンコール放送しているんですね、ただ今月はなんだか連続で同じ内容が二回ずつ続いて・・・あれ?なんで~などと不満げに思いながらも、やっぱり見てしまってます。

今日は仕事の後のご飯は久し振りに玄米ではなく・・・パスタ。
トマトが完熟していたのでね、夏野菜・・・茄子とトマトにソーセージ、豚肉を少し加えたバジルとグルニュエールチーズをおろして。。。たっぷり~高木ベーカリーのイングリッシュマフィンとペロリ~んと完食です。
そんな時にアルコール飲めないので重宝するのは、これです!

アルコール0.2%のワイン風飲み物。→私の休日

なぜワイン風なのかといえば、これ、ワイン専用葡萄品種を使った新しい飲み物。
普通のぶどうジュースとは格段に違う・・・芳醇な香りとコクが潜んでいますね(笑)。ですから、食事時にお水はいいとしても、烏龍茶やジンジャーエールじゃね~というアルコールダメな方には特に重宝されるかな。
ま、そういう気持ちで少しだけではありますが、ね!宜しくです。

それにこれ、ケーク・サレに合うんです。。。と申しておりましたら今日もホワイトリリーさんが赤と白をお持ちになりましたが。。。あれ?リリーさんはアルコールOKだったんでは?
う~む。。。ど、どうだったんでしょ。
で、画像は萌ちゃんの写メ、ですね。サンキュ、いろいろ頑張ってますね、萌ちゃんの夏、ですね。

あ。。。タルト・・・既にくろさん亭さんではアップしていただいているう~~早ッ、流石です。
今日だけのタルト祭り、なんて申しておりましたがそんなに大騒ぎするほどの賑わいではありませんのでね、あはッ!
ですから・・・明日も、少しだけならご用意できるかな・・・で、お終いです。ブルーベリーはしばらく大丈夫ですよ。

マフィンも今はあの方のリクエストでフローズンではなく生を焼き焼きです。
フランスにもお住まいだったんですね。。。で、今は医学生、ですね。う~む謎のひと・・・驚かされてます。

あ、話を戻しますと、それでね、ブドウたちがあまりに美味しくって、一粒、また一粒、、、食べているのは誰!
あはッ、アタクシでありました(ペコリ)だからね、も~少ないです。申し訳ない。
なんか変な店、かもね。いつも、ね、妙な店ね。

My Blueberry Nights - Cat Power - The Greatest
パイじゃないけど、タルトだけどね。。。
上、クリックね
[PR]
by metropole | 2010-08-26 02:44

■マフィンと一緒に豪勢なタルト祭り、かな。。。

m512261


こんばんは!
metropole muffinこと、メトロのマフィンです。

山都町から昨日、生のブルーベリーが届いていたのですが昨日はお休み。。。ということで今日までヤマトさんで眠っていたようで・・・あら~まあ~こりゃどうしましょ、でした。
たっぷりの生のブルーベリーですから一日経過することでずっしり~の重みで潰れかけている粒も。
そこで一粒一粒の選別を急ぎ行いましたが、これがそっと粒を手にしながら一指し指の感触のみで選別を行うわけで。。。それぞれの容器に移し替え、フローズン用、フレッシュ用と分けるのに相当時間がかかってしまいました。

結構ワタシは不器用ですから。。。あはははっ~ですから、地味に一粒ずつ、ね。
同時になんと金沢のG姐様からの豪勢な届きもの!
これまたビックリの品は。。。。下記でチェックいただけます。
山ピンク
シャインマスカット


シャインマスカットと山ピンク!。。。シャインマスカット、千疋屋さんだと・・・ひと房で一万円を超えるって!きょえ~~~の豪華な品。
初物は長生きしまっせ、と食べちゃいましょと、何れも高価、高値の高級品でありますから・・・哲さんと一口。。。な、なんですかぁ~これはまた。。。。後は無言でもう一粒。。。の世界です。

ブドウ、種無し葡萄の場合は植物ホルモン由来によるものですが昨年同様に年に一度!
これ食べないでどうするよ~とフレッシュ素材としていただきましょう。
ひと房からひと粒もぎ取って口に運べば、なんという甘さ!食感!
よくぞ、このような品を育て上げる方がおられるのですね、とため息の品。

これはもう~皆さんにも少しだけおすそ分けさせていただきたいぞ!ということで、
明日急遽。。。マフィン屋ですが、タルト祭りと意気込んで参ります。

生で味わうにはタルト辺りが似合う、と思いますのでね。
ショリさんもお気に入りのキルフェボン、カッタクルガンなどを用いていらっしゃいますが。。。シャインマスカット、山ピンクはですね~どど~んとその上の上を行ってますぞ!(張り合ってどーするよ~:苦笑)
タルトで小振りながらガブリと、こ、こういうお味なのね~とお召し上がりください。
県下探しても、どっこにもこのお味はないですってば!

因みにこちらは、去年のね。


因みに上は去年の早生のブルーベリーですのでね、今年。。。明日ご用意するのは晩生になりますから粒はぐっと小さく、だから粒数はてんこ盛りです。

この時期しかご用意できませんので、お取り置きも大丈夫ですからね。

もう~この際ですから言ちゃうぞぉ~~~
金沢の合田様からの感謝感謝のお品であります。

甘い予感
上、クリックね
[PR]
by metropole | 2010-08-25 00:34

■夏のクリームマフィン

m512261


こんばんは!
metropole muffinこと、メトロのマフィンです。

お盆休みだからこそ。。。仕事休めない方もいらっしゃる。
そんな方が昼休みにおいでいただいたり、ということでこのところ12時頃には開店前でもマフィンをお渡し出来るように早めに焼き焼きです。
明日もお仕事という紅茶党のあの方もおいでいただきましたね。

11月ご出産の綺麗な間もなくママさんはなんとも愛らしい装いでした。
暑い時期ですが、冷えすぎないようにね、ですね。15日が旦那さま唯一のオヤスミだそうで佐世保のご実家に行かれるとか、どうぞお気をつけて。

去年の夏。。。だったのかな来たらお休みだったので二年越しで来ることができましたよ、と話してくださった横浜在住のお若いモダンボーイ。
甥っ子さんへのお土産にスムージーもマフィンに加えてお持ち帰りいただきました。
20分程の帰宅時間ということで、スムージーはやや濃い目に固めにおつくりしました。
お味がいつもよりブルーベリー濃厚でしたが大丈夫だったかな。
街の話、尽きませんでしたね、有難うございます。

いつもはお昼休みにおいでくださって、何故か種類が少なかったハンサムウーマンのあの方はお母さまと妹さん、でしたっけ。
マキシ姿でうは~いつもとはまた違った雰囲気でした。
お三人で召し上がっていただいたのはクリーム系にスムージー。
お口に合うお味でしたでしょうか。。。




これ、今一等お薦め、夏のクリームマフィン。ブルーポピーシードにレモンの生地、中にもトップにもたっぷりのクリーム。生クリームにクリームチーズをミックスしています。仕上げは小粒のアラザンですね。
ブルーポピーシード&レモン、フレッシュクリームチーズ、という分かりやすい長~いネーミングのマフィン。

お抹茶やブルーポピーシード&レモンの生地をカットしたマフィンパフェ。今日はバナナにキャラメルソースがけです。
ピンクのマフィンはプレーンマフィンの中に生クリームのみ、トップがクリームチーズ入りの生クリーム。これはネーミングなしね、あえて言うなら。。。ピンクピンク~(笑)、じゃブルーのクリームはブルーブルー、これじゃあんまりだ~です。
う~、思案の為所でしょか。明日も暑い。。。でもないかな、2~3℃違うだけで随分違いますよね~。
あ、涼しいですよ~マフィン選んでいただくのに、扇風機いらなくなったですよ~。
そういえば、糸石家さんは明日から夏休みですね。
メトロポール・マフィンは来週8月16日~18日までお休みです。ちょっとお目出度いこともあるのですよ。。。あら~明日はお盆の迎え火、だわ。。。

Jacques Mayol in Japan with Japanese song by Susan Osborn
上、クリックね
[PR]
by metropole | 2010-08-13 01:23

■小さな村の物語 イタリア。。。♪


m512261


こんばんは!
metropole muffinこと、メトロのマフィンです。



ショリさんのご好意。。。撮影していただきました。有難や~
やっぱり今年も暑気払いはブルーベリースムージーでっせ、なんてね。


で、ここんとこ、富合の福原さんちのイチゴ、5月の盛りにフローズン、凍らせてましたんや~それ使ってイチゴのマフィン。トップにはラズベリーのアイシング。ラズベリーは天然のお色であります。で、まんまでもやってみましたがそれがもう~ケチャップにしか見えない位に真っ赤でしてね。
で、少し練乳加えてます。でほんのり、ピンク~恋は桃色やね~♪(分かる人だけ分かる…笑)
先週はかなり静かな日が続きましたので。。。苦笑。。。イチゴマフィンは明日までは焼けそうですね。多分、明日で今年は終わり、ね。
美味しいんですってば、酸味のないホントに甘い福原さんちのイチゴだからね。
明日は、ちょっと楽しんで作っちゃうぞ~のスペッシャル!もあるかもね。
あ、上右のお抹茶風のは、プレーンとのミックスですねん!

さて、最近工房で流れているのは・・・オルネラ・ヴァノーニ。
映画「オーシャンズ12」で冒頭の10分程度でしたっけ。。。そこで流れてた曲、良かったぁ~♪
で、これ、BS日テレで放送中の「小さな村の物語 イタリア」のテーマ曲であります。

企画・演出・構成・編集、語り、選曲。。。なんともよく出来た番組なので最近、これだけは見ています。
テレビは無縁だったんですがね、この番組は巧い!DVD化もされています。
ファンも多いようですしね。
昔々・・・単身赴任で月~金:東京時代に、気ままにシェアリングさせてくれてたレイモン君は、三上博史さんが香港での撮影時にマネージャー的サポーターでついていたこともありました。

で、一度青山にあったスパイラルでアジアンテイストなカレーを食べたりしたんだっけ。。。
南青山、キッチンの窓から東京タワーが見える。。。デヴィッド・ボウイの写真集を作ったあの娘ももう~素敵な大人かな。。。彼女の部屋の隣が三上さん、という時代もあったっけ。
レイモン君は今は何処。。。

「小さな村の物語 イタリア」は、イタリアの田舎の本当に小さな村に暮らす人を静かに紹介。
美しい風景と主人公と村、その人、村の歴史を語っていきますよね。
今週来週と珍しく続きです。ある村の春と夏を辿って。。。これがいいんだぁ。

この番組のオープニング、エンディングに流れているのが「L'APPUNTAMENT0」(ラ・プンタメント:邦題 逢びき)。

歌っているのはオルネラ・ヴァノーニ。
若い頃、充分に美しかったのだけれど、何故かどんどん弘田M子化していらして。。。でもいろんな事もあったんだろうな~と。
ま、どちらさんも歌が巧いのでいっか。
女の人生もいろいろなわけでありますね。

「小さな村の物語 イタリア」BS日テレ

HP
テレコムスタッフ


Ornella Vanoni - L'appuntamento (live)上画像、クリックね
最後の方で曲がスッパリ切れますが。。。お気に召せば右サイドでどうぞ。
[PR]
by metropole | 2010-08-11 00:02

■今日は長崎原爆忌。。。


m512261


こんばんは!
metropole muffinこと、メトロのマフィンです。

今日は、6日の広島に続き、長崎原爆忌でした。
ワタクシ等の年齢になりますと長崎に生まれ育っていないにしても遠縁に当たる誰かが被爆、という方も結構いらっしゃるのでは。
熊本の小学校の修学旅行は今も長崎、なのかな。

一昨年までは毎年この日前後にはいつも丸山明宏(現:美輪明宏)の「ふるさとの空の下で」をラジオでかけていましたが今年はどこかでかかったのかな。。。

さて、下記のサイトはアート作品なのですが、上右側に年、その手前横に月が表示されています。
ずっと見続けると15分位になると思いますが、途中で見るに耐えない。。。そんな重苦しい気持ちになります。

で、それを見る前に、こちらを↓
名前とは・・・

2004年6月20590発、とは・・・



橋本公氏(1959年熊本生まれ)が2003年に発表されたアート動画。
1945年から1998年までの期間に地球上で起こされた核爆発の数、2053個。
それがどの国によってどこで起こされたのか、一ヶ月を一秒に縮めて見ることができます。
でもこれも現実なのだと、それとある年に連発、重なる核爆発に耳を塞ぎたくなるほど。

"1945-1998"by isao hashimoto
上、クリック

橋本公氏の解説
(~http://apm.musabi.ac.jp/archives/2002/index.htmlより抜粋~)
1945年7月、世界初の核爆発実験が米国のニューメキシコ州で実施されました。その直後に広島、長崎への原爆投下が行われ、以後、計2053回にわたって地球上のさまざまな場所で核実験が繰り返されてきました。 1960年代始めまでは、ほとんどの実験は大気圏内で実施され、放射能による大規模な汚染をもたらしました。 1963年、米ソ英の三国が「部分核停止条約」に調印し、地下での実験が主流になりましたが、フランスや中国などはその後も地上での実験を続けました。
その後、世界的に反核の動きが強まり、「核不拡散条約」(NPT)が発効されました。これは、核兵器の数を増やさないことで核戦争の可能性を少なくしようという取り決めです。 続いて1996年に「包括的核実験禁止条約」(CTBT)が採択され、1998年をもって爆発を伴う核実験は停止されています。しかし、アメリカとロシアは、国際社会の批判を無視して、核爆発を伴わない臨界前核実験を続けています。
この作品は、こういった事実を世界地図という見慣れた情報ツールを使って視覚化したものです。 どの国の人々にも理解してもらえるように、文字はいっさい使用せず、地図上の光の点滅と実験回数を示す数字だけで、いつ・どこで・どの国が何回、核実験を行ったかがわかるようにしました。 より多くの人が、この問題について考えるきっかけになれば幸いです。また作品は、データ収集に協力していただいたNPOや、原爆関係の資料館に配布する予定です。



[PR]
by metropole | 2010-08-09 21:58