Metropole Muffin★メトロポール・マフィン

metropole.exblog.jp

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

■11月の終わりに

こんばんは!
metropole muffinこと、メトロのマフィンです。

11月が終わります。
明日から12月。。。ま、本当に早いことったらないですね~。
今日、久し振りで電話で鶴屋百貨店の田村さんとお話していたんですけれど、英国展への出店も9月のこと。早いものでもう明日から師走なんてね。今日も暖かな一日で半袖姿になってたり、お客様も半袖姿の方、いらっしゃいましたものね。
でも明日から寒さは12月らしく、なるかな・・・寒いのは大の苦手ですのでもこもこ状態で厨房に入るかな・・・厨房の中は文字通りコンクリートまんまですから。
床から冷えますのよん。

明日はもこもこ状態で早めに出向いて焼き焼きです。
マフィンデーやで~~~~(笑)。

ディズニーランドさんからシクラメンをいただきました。ま!清楚


シクラメンの赤はこの季節、ポインセチアと共に出回りますが、白はなんとも雰囲気が変わってよろしいですね。因みに、シクラメンの和名は「豚の饅頭(ブタノマンジュウ)」と「篝火草(カガリビバナ)」の二種類があるそうですが、ま、両極端な和名だこと。

カガリビバナ、とは九条武子がこの花を見て(赤だったんやね)ふと漏らした言葉から牧野富太郎が命名したといわれておりますそうな。
あら、意外なところから牧野富太郎博士の名前が出て参りました。

実はお客様。。。熊大生の何人か、就職が決まった吉報をいただいています。
その中に市役所勤務が決まった方がお二人。先にご報告くださった可愛いお嬢さんは就職が決まった報告をしたくってと、お店まで来てくださった。
で、お話ゆっくりしていたら・・・なんとベニシアさんのファンでした。

ベニシア・スタンレー。京都は大原在住。イギリス生まれ・・・今は京都で英会話教室を運営する一方、古民家を修繕して住まいとしている芯の強さが伝わる・・・でも優しげな女性。も、アタクシも大好き!
TVでBSを見るのは「小さな村の物語」と「こころ旅」(今週は熊本ですよん!必見)と、このベニシアさんが登場する「猫のしっぽとカエルの手」があったから、であります。
で、お嬢さんも大好きなんですって。あら~嬉しい・・・でも同名番組に新たに加わった「トスカーナ編」はいらないんですけど・・・なんてぐちぐちいいますと、「そうですよね~」と共感してくださった。

まあまあ、思うところ一緒だったなんてね。そりゃ少し了見が狭いかも、と思いながらも最初に「猫のしっぽとカエルの手」というユニークな題名で始まったのはベニシアさんの番組だったわけで、途中から相乗りのカッコウで参入した「トスカーナ編」(トスカーナ在住の別の家族の取材番組)は別の題名で始めると良かったのに、と憤懣やるかたない。も、紛らわしいのさ!ぷんぷんッ、と了見狭いと言われようが愚痴るんでありますが、お嬢さんもそうなんだった!

嬉しいやね~味方がついてくれたようでね。で、実はお嬢さんのみならず、お母様も大ファンなんですって!
後日、母娘お二人でお見えになって、しばしベニシアさん談義に花が咲く!咲く!
まだ存分にお若いお母様、ベニシアさんのファンを自称されるとおり、なんだか装いもベニシア流、ってね。
こんな出会いもあるものなんですね~。嬉しくなってしまいました。

丁度、オーブントースターが壊れたまんまで、パンを焼いて食べたいな~って思いながらも電化製品の購入は結構迷うのであります。
迷った末に、あ、また買い損ねている・・・ベスト電器にいってもいろいろ見ても、どれがいいやら・・・多すぎや!
一等高いのか、安いのを買えばいいのか、も~迷うのであります。
そんな状態のまんま、ある日のベニシアさんの番組を見ておりますと、なんとベニシアさんは魚を焼く網、ありますよね、あれで食パンを焼いておられたのです。あら~そういう手があったか!と。

魚の網焼き器、サンリブ(スーパーマーケットね)やったら500円である、ある~。
遠赤外線の網焼き器。580円也や!即買いです!
こんがり~トーストの美味しいことったら!もう~いうことなしよ。
で、ベニシアさんは、トースト焼けたら、縦長に切る。細く5分割程度に切るの。
半熟卵つくってて、そこに細長いトーストを突っ込みますのさ。とろり~と卵がからみまして、トーストのこんな食べ方、知らなかったゾ。
半熟卵はスプーンでしか食べてなかったな~んてね、またまたこの年で新たな楽しみが増えたんだい。
ま、こういった具合で普段の生活にも役立っているベニシアさんの「猫のしっぽとカエルの手」なんです。

そういえば、昔々ね、今の美術館の分館、あそこは県立図書館であってね、そこの一階の隅、入り口脇に喫茶室のよーなもんがありまして、確かね、トースト焼いてくれてましたね。で、トースターなんてなかったですよ。アタクシ高校生の頃、行ってまして・・・パン焼いて貰って食べました。はい、ガスコンロに網焼きで焼いてもらいましたがな~~~思い出しましたがな~~。
信じられないでしょ、そーゆー時代もあったんよ。

図書館に高校生、勉強しに来てましたよ。
お腹空いて、あそこでパン焼いて貰って食べた人いるんじゃないかな。お金払ってね、はい。
あらま~アタクシは既に昔に網焼きのトースト食べてたじゃないですか、って思い出したんですね。
この図書館ではいろいろな思い出もあるのですが、それはまた今度ね。

はい~~話がそれたんですが、先のシクラメンの和名の命名者:牧野富太郎博士のことも、実はベニシアさんが高知まで出向いて高知県立牧野植物園を訪ねたことから知った次第。それにまたまたびっくりでした。凄い植物学者さんがおられたんです、日本の植物学の父。
で、無論現在の館長さん(牧野博士の直弟子)も偉いね~と。はい、調べると、その偉さ、わかりますから・・・ね。

そういうことをまたまた来春卒業の別のお嬢さんに話しましたら・・・就職先に今度出向く機会があるのでその時に高知に立ち寄ってみます、って。
実際に高知県立牧野植物園にいかれた。番組のように資料室まで見ることはできなかったけれど、とお帰りになってお話くださって。
こういう流れって、なんだかいいではないですか。
来春、社会に羽ばたく若い人が、いろんなところで新しい出会いと共に、世の中の新たな感じ方を吸収していく予感がしますね。
うひゃー羨ましいじゃないですか。

「猫のしっぽ、カエルの手」上、クリックね



Mikuちゃん11月お誕生日でした。。。おめでとさん


佐賀から帰省途中にお立ち寄りくださったお若いママとお嬢さん


好奇心満載で店内をあちこち探索中のお嬢ちゃん


プレーンマフィンがお口の端っこにくっついてますう~


すっかり女の子になっちゃってビックリ、ミトンさんちのハルちゃん。


台湾に嫁いだ旧姓川路ちゃん(右)。
何十年振りだったろう~しっかりハグしました。
サプライズでこっそり彼女を連れてきてくれてありがとね、シモトクはん。


うち流ブラックモンブラン。。。なんちゃって。栗がたんまりはいったクリームよん^^


昨夜見た「Mr. Nobody」にノックアウト。で、バディ・ホリーは埋め込めないのでコチラの効果的だったナンバーね
[PR]
by metropole | 2011-11-30 23:50

■ちょっと前のあの日のことなど・・・回想ですねん

こんばんは!
metropole muffinこと、メトロのマフィンです。

さよならとこんにちは。。。

楽しい思いをたっくさんいただいた幸太郎ちゃん一家が転勤でお引越し。
幸太郎ちゃん一家は、車でご主人の愛媛(だったかな・・・)のご実家に向けて出発。その後、2時間ほどの距離の新たな赴任地へ向かうと聞きました。

今頃は既に新居でゆっくりされている頃でしょうね。
幸太郎ちゃんのお母さんのご実家は遠くになってしばし淋しく、ご主人のご実家では九州からの移転で近くなったことで大歓迎なんですね。
新たな生活を始める幸太郎ちゃん一家。きっとまたまたぐぐっと成長してお兄ちゃんになるんでしょ。

幸太郎ちゃんのお母さんは、華奢で小さくってキュートなお嬢さんでした。
いつの間にか、ミセスになられて・・・あら~華奢な身体なのにお腹がぽこりんと大きくなって・・・そうして幸太郎ちゃんが誕生。
お嬢さんが妻になってお母さんにもなりました。

よく、散歩の途中に立ち寄ってくださった。
日に日に大きくなっていく幸太郎ちゃんは人懐っこくって、物怖じしない好奇心いっぱいの赤ちゃん、それがまたまた弟君が誕生しお兄ちゃんになって成長は目覚しいばかりでした。

これから一家揃って車で出発・・という最後に、お母さんがお土産用とご自分たちのマフィンをと、買いにきてくださいました。
お腹が空いたら車の中でご主人と食べてね、とお餞別には程遠いんですけれど、カレーマフィンをお二人分添えました。
で、さよならです。
なんだかお互いにきゅんきゅんしてしまったですね。

ああ、お嬢さんが二人の男の子のお母さんになって、新しい土地へ一家で向かう。
お元気でね!楽しくね!で・・・うるうる~いけませんね~うるうる・・・
たっくさんの楽しい思い出をサンキュ、です!
いってらっしゃい~~~~で、また、ですね。


キャロットマフィン・・・トップはクリームチーズなんです。濃厚ね。



うは~~って楽しくなったのは関西弁のお客様。
「ありがとお~」という独特のイントネーションに、あれれ?関西からお客様でしょか?と問えば、当り!でした。
ネットで見てくださって、熊本のお友達に会いにいらした折にお立ち寄りくださったんです。
「絶対来たかった・・・」というお話し振りにも嬉し楽し!の連続です。

楽しかったひととき、あっという間のこんにちは!でしたね。
すっかり画像アップ、ご紹介が遅くなって申し訳ないです。
NHKの「カーネーション」は岸和田弁ですが、大きくくくれば関西やし~となんだか思い出しちゃいますよ、貴女さまのこと。
楽しいひとときをありがとうございます!
ようこそ~ほんで、おおきにぃ、ですよ。



カレーマフィンはその時々でトップが替わります。
こちらはウォルナッツ、時には国産パプリカ、国産シシリアンルージュね。


マシュマロトッピングのマフィンパフェ。
マフィンパフェはメトロポール独自のネーミングですもんね。


帯山のWさんのお誕生日ケーキ、ご用意することになって・・・
今年のクリスマスはWさんバージョンも楽しいかな、って。
中身はキャラメルバナナ、クリームはフレッシュクリーム&クリームチーズ
そこにマシュマロのトッピングです。じっとりウェットな生地にクリームね。
クリーム&マシュマロは美味しいんですってば!笑
ですからデコレーションはきっちりではなく、ゆるめのデコです。
とろり~んとろとろのデコレーションも美味しいんですよね、Wさん!
で先日はご主人のバースデー。今度は甘いのがお好みというご主人を想像して、和洋折衷といった黒ゴマお芋さんにクリーム、でした。
タルト型で焼いたマフィンですから背丈は低め。安定したずっしりボリュームのクリームケーキ。
そ、タルト型で焼くのにも少し凝っています。
ケーク・サレもカップバージョンやタルト・サレ風のスタイル。お持ち帰りにも安心の形かな、と。


先月、10月はお抹茶スコーンも誕生です。小豆、こっそり入ってます。。。どうかなッ

さてさて、店とは離れて・・・といっても店の近くの話ね。
メトロポールマフィンにいらっしゃるお客様は、三軒町角のミドリ薬品を目印に、という方多いですよね。
かつてはこの地には、丸金食品の工場が大正時代から建っていました。
古い工場が解体されて、なんだか淋しいな~と思っていたところへ、鹿児島拠点のミドリ薬品がドカ~ンとOPEN。

初めて買い物に行った時、若いスタッフがそれはそれは熱心に休むことなく頑張っている姿を見て、こりゃ負けられないわい、と。
それからも・・・彼らの仕事に向かう姿は変わることはありませんでした。

いつ行っても、そこにいる店長、そしてキュートなシズカちゃんからいろんな情報を得て、良い買い物を続けることができているのです。
お店の名前、ブランド・・・ではなく、やはりそこにいる人が人を惹きつけます。
お店とお客の信頼関係の基本を築くのは、宣伝でも看板でも資本力でもなく、まずは現場スタッフの魅力です。

優秀なスタッフなればこそ・・・新天地のてこ入れに選抜されるわけで、ミドリ薬品黒髪店のOPEN時期、店長を任されたNさんは日々、黒髪という新天地で八面六臂の活躍でした。休みのないドラッグストアの店長。当初は自らも休みなしで頑張っていたんですよね。
大晦日もお正月も営業でしたもんね。きっと寝不足なんてこともあったでしょ。しっかし頑張った!

たくさんの商品の中で迷った時には、いつもこの二人を探して・・・お休みならば翌日また行くといった風で、「これとこれ、どちらがいいんでしょう・・・」なんて聞くのです。そこで彼らの「こっち、かな・・・」というお薦めに従ってチョイス。間違いないんですね、これが毎度のこと。
案外店側のプッシュ商品を勧めがちだと思いますが、そうではなく相手にとって必要な方、見合った方、的外れのない品を提案してくれる、その誠実さにお客はついていくのです。
薬局ですが品数の多さはご存知の通り・・・当初少ないスタッフでやりくりし、実績を上げた結果の玉名店への抜擢なのかな。おめでとうございます。
ちょいと、いんや~~相当淋しいですが栄転ですもん!
店長の黒髪店での最終日には、ちゃ~んと店内で「栄転ばんざ~い!」って万歳三唱して参りました。
もう、すっかり玉名店(ドラッグストアマツモトキヨシ 玉名店なのかな・・・)に馴染まれていることでしょね・・・玉名の皆さん、Nさんをよろしゅうにね、黒髪店のファンよりの一言でありました。

[PR]
by metropole | 2011-11-10 23:42

■2011年立冬・・・昼間半袖でしたが・・・

こんばんは!
metropole muffinこと、メトロのマフィンです。

初めて冬の気配が現われてくる日、立冬・・・・の夜に半袖姿の我はいかに・・・・。
晩秋ではなく、冬到来の季節なはず、ですね。

まだコートには無縁の日々ですがこんな時に風邪を引いたり、って方もいらっしゃる。
どうぞお大事にね。
今日はホワイトリリーさんのお誕生日。

夕方、糸石家のKUNIさんとTAMAさんがいらして、ちょっと変わった焼き焼きをケーキ代わりにと持っていってくださった。
今年の丸菱の展示会、パッケージの業者さんも随分いらしていたのですがサンプルをいただいた中に、ピザの箱がありまして・・・ずっとピッツァ風のケーキを焼きたいと思っていたのです。その時は甘いケーキでタルトやパイでなく、マフィン生地で切り分けるピッツァスタイルのケーキをね。
今日はケーク・サレを焼いたので思い立って、丸い型で焼いてみたのであります。

ケーク・サレのお誕生日ケーキバージョン、でしょか・・・
まるでピッツァ風、とゆーかそうとしか見えないかな(笑)
ホワイトリリーさん、お誕生日おめでとうございます・・・


KUNIさん、TAMAさんがお持ち帰りくださったのはカップバージョンね、サンキュです

まるでピッツァですね。厚さは3cmほどかな、うまい具合な厚みもあって、スモークサーモンやクリームチーズ、ガーリックがなかったのでフライドオニオンにビーンズ、トマト、ブラックオリーブなんて、ね。
リリーさんのお誕生日にちょっと変わったお祝いになったかな・・・です。


実は黒ゴマお芋さん、これもホール焼きでカットしましたが、
結構ボリュームでもぺろりといけちゃいます




栗チョコ、もっといいネーミングはないかい、と思いつつも・・・チョコは英語、マロンはフランス語、これちゃんぽんにして使っているところって多いような気がしませんか?な~んか変、です。いいネーミングが浮かびません。で、栗チョコ。
最近、初心忘れるべからず・・・ではないけれど、最初の頃に使っていた焼き型をひっぱりだして焼いてます。
美味しい栗もマロングラッセ、渋皮煮、甘露煮といろいろ・・・中に入れてチョコ生地やプレーン生地で焼き焼きです。



お久し振りのご家族さん。このお若いご両親も素敵なんです。最初の頃からお立ち寄りいただいてますね。で、ずっとずっと変わらずに可愛くってしかたないっ!て
お父さんとお母さんのご様子。坊や、でも大きくおなりです。あっという間にすらりとした少年になっちゃいますね~。二枚目の小さな画像をクリックするとご家族用の大きな画像ね、コピペしてくださいまし。


あっという間に・・・お急ぎだったNさんご一家、妹ちゃんが少し名残惜しそうか、な・・・

[PR]
by metropole | 2011-11-08 22:28