「ほっ」と。キャンペーン

Metropole Muffin★メトロポール・マフィン

metropole.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

■卒業式の晴れ姿。。。あ、春





こんばんは!
metropole muffinこと、メトロのマフィンです。

今日は明るい日曜日になりました。
知事選の選挙ということもあって、早い時間から投票帰りのご夫婦、お母さん。。。お立ち寄りくださって。。。そして初めての方も多く、会話も弾み、少し華やいだ賑わいでした。風はまだ冷たさを残していますが明らかにその様子が違います。





2週間程前に、いずれも真夜中にフラッシュなしで、た~だ撮った、不思議な色合い


温もりが芯に芽吹いているような寒さかな、これ花冷えってんでしょかね。きーんと冷ややかでないのが嗚呼、春、です。
熊大の卒業式を迎えたあのお嬢さん。
大分から熊本で学生生活を送った4年間。いつもその愛らしい姿に嬉しくなりました。
学生だもの、そんなにお洒落にお金をふんだんに使えなくっていい。
アルバイトで、あるお菓子屋さんに通っていたお嬢さん。美味しいものに目がなくって。。。と笑む姿がいい。
そのお菓子屋さんのきっと相当良い助っ人だったに違いない、です。チョコレートの芳醇な香りの中で接客しながら、新しい発見にわくわくして頑張ったんでしょうね、と想像します。





バタークリームも時々お披露目。。。


華美でなく、身の丈にあった暮らしぶりが伝わって。。。有難い存在でした。
あんな風に娘時代を過ごすことが出来ていたら、も少し違った人生があったのでしょうけれどね、と苦笑するばかりですが、無いものねだりをしてもちょっとね、遅いちゅーのね。で、毎回いいな、と。
年齢、年の上下には関係なく教わることはある、のです。

卒業式の日は雨。店の前を袴姿で卒業式に向かう何人かを見かけましたが。。。流行なんですね、ボリュームいっぱいの髪型になんとも着物と袴の色合いのすっ飛んだ様子。あれれと見送るばかりで。

昔々。。。高校の卒業式の日、苦手だった年配の先生が紋付の黒の袴姿で登壇された時、それまでのその先生に対して引き気味だった我が身の拙さを吹き飛ばされたような思いがしたことがあります。礼服、というのはそういう力を持ったものでもありますね。
流行もどこかにあって。。。しかし儀式に相応しい装い、という枠を持たねば美しくない、のかもです。
あまりにも一寸の隙もない、というのが苦手な場合もあるでしょうけれど、外し方は難しい。

さて、雨の中、式を終えたお嬢さん、晴れ姿を見せにきてくださった。
まあ~嬉しいったらありゃしませんよ。
茶系の濃淡、ぼかしというのかグラデーションで染められた袴に茶系の花の描かれた振袖の組み合わせに、ピシッと編みこんで小振りに結い上げられた髪型に素肌を感じさせる薄化粧、足元は無論、白足袋に程よい厚みの草履。。。良かった、ステキな娘さんの学業の終え方をそれは羨ましいな、と心から思いましたのサ。

近くのおば様が置いていってくださった連翹
2週間超えても散らない。。。枯れない、強い花やなぁ~


聞けば、和裁をこなされるお母さんの手によるものだったと。後日談ではちゃんと着付け、ヘアメイクの予行演習もご実家でやって本番に臨まれたのだと、なるほどお母さんの心意気、お気持ちがちゃんと繋がっているのだな、と。娘を持たぬアタクシはふと母のことを思い返したりしたのです。

まだ母の和服は、整理がつきません。。。あの中のどれかはそろそろアタクシが着てもおかしくなく様子のものがあるのですが、まだ袖を通すまでには至りません。二十歳前には母の持っている和服の書籍を借りて、一人で着付けに悪戦苦闘していたことも思い出しました。

帯を結ぶ。。。慣れないと力加減がわかりません。肩はいたくなるし、手もだるく・・・帯も結べぬままでへたりこんで・・・あいたったた。。。座りこんでも妙な格好で、はこぜが食い込むますわ~~嗚呼、情けないったらありゃしない。ベルボトムに上げ底サンダルの娘には幸田文や岡部伊都子、花柳章太郎の着物の粋など本の中だけ・・・不甲斐ないったらありゃしない・・・不細工な娘は口をへの字。昭和のひとコマですワン。

春、あの方も、あの方も卒業してそれぞれの地へ。
社会に出る方、進学する方、進級。。。新たな地へ赴任、それぞれの春に良いことが、良い出会いがた~んとありますように!


ヤマトのくまモンの箱で発送もね

[PR]
by metropole | 2012-03-25 23:55

■はなやぎの三月、6周年であります★感謝





こんばんは!
metropole muffinこと、メトロのマフィンです。
昨日はホワイトデー、10日からスタートした今年のホワイトデー、お役にたったら嬉しいです。
今年はお姉さんから、妹から、妻から、母から聞きました、という男性のお客様が多くいらして、いつもながらの女性のお客様に後押ししていただいたようで感謝でいっぱいです。有難いね~。
3個、4個、5個でラッピングして貰えますか?、1個ずつ25個ラッピングお願いできますか・・・ですとか、5個ずつ10セットですとか嬉しい限り。
ホワイトデー用のリボンも途中でなくなって、シールのみになってしまいましたが赤いリボンもカーリングくるりん~でどうぞヨロシクで、お役に立ちますように、ですね。
そうそう!ホワイトデーの最終ランナーはカッパエビセンさんのダンナさま、でした。
肥後のいっちょ残しと申しますが、一個残ったホワイトデースペッシャル~イチゴのマフィンパフェ。
残った一個はアタクシがゲット!と思いながらも後片付けをしておりましたら・・・トントンとガラス戸をたたく方。
そう、カッパエビセンさんの愛する相方さん!外から「あ、一個ある!」と思ったんですって。7時過ぎてましたけれどこういうタイミングをいただいたことに感謝です。
もちろん、そりゃもう~楽しくラッピングしてお持ち帰りいただきました。相方さん、熊本城マラソンにも出場だった!アイアンマンですもんね。
なんて幸せな14日だこと。こうして来てくださった方に有難い嬉しい気分をいただくわけなのですね。


創意工夫、糸石家さんのホワイトデーはハートのかまぼこ、てんぷらという
プレミアムの品。クリームチーズもとろりんのハートだってありまする

よく「大変ですね~」と言われます。
一人でマフィン屋をやっていることが不思議なのかもしれませんが、やっている方はなんの不思議もありませんし、大変でもありません。
大変だな~と思うようなことはやりません。忙しいことはありますがそれは手順が悪かったり、落ち着いて先を読めなかったりする場合で、言葉できく「大変!」とは違います。
ですから「ちっとも大変ではないです」とお応えしますと、少しびっくりする若い方がいらっしゃいます。
逆に何が「大変」と思われるのかしらん、とお聞きすればよかったな、と今頃思っています。

人は「言葉」に操られてしまいがちだと思うアタクシ、薹が立った・・・あはッ・・・かな、ま、薹がたって花が咲くこともあるし、いっか(苦笑)。
言葉というのは時代と共に使われ方も変化していき、いいも悪いも、都合の良し悪しも一緒くたになって・・・日本人の変化の途上でありますね。
そういう時代の中で、ふっとこんなに簡単に言葉を吐いてよいものかと思うことだってあるわけです。
いつもいつもではない。本来がさつなたちですから、ふと気づく程度でありますが、あれ、なんかおかしいと思うと、あれまあ~と、ね。



くろさん、ありがとうございます、朝、お花屋さんが届けてくださった。
ビックリ!嬉しゅうございました


おかげさまでマフィン屋《Metropole muffin》、3月1日で6年目を迎えることができました。
当初、自宅近くに二年程空き家だった現在の場を借りて何かしますか、と思案。管理人さんは1年ならということではじめたマフィン屋。
一年間でやれることなんざ、知れてますわね。あっという間に一年がたち、管理人さんからずっとやってくださいという提案をいただき、今日に至っております。

丁度、今日は6年目の営業許可の更新で保健所の担当さんがいらして、厨房内部を細かくチェック、無事更新最終チェック完了。
次回はまた6年間後に更新ですと仰って、次の場所へ向かわれる姿をお見送り。

ふう~~次の更新は6年後、ですか。やっているのか、な・・・わっかんないですよね。ただただ日々を重ねて、一年、二年・・・積み重ねですものね。
はじめた頃は、今より6歳若かった、なんて言うと我ながら分かりやすいというか、苦笑です。
随分アタクシの様子も変わったもんですもんね。
はじめの頃からいらしている方々は、あは~~なんだかね~そうですね~と思っていらっしゃる、でしょ!
ま、6年たっても新参者の類いの範疇、でしょ。創業60年、100年という辺りからすればまだまだ一桁やないか~です。
それでも若くして起業したわけではないので何十年は無理やろうとは思っていますが、ま、ぼちぼち、あと何個の春を、何個の夏を楽しめるか、ですかね~。
その季節季節で楽しめる食材もあるわけですから、美味しいものに楽しみは寄り添っていますがな。

と、ゆーことでいつも有難うございます。
これからもヨロシク、お願いいたしまする。
美味しいもの、楽しみましょね!


日が長くなってきたものです。。。午後6時頃


時々泣き虫、ハルちゃん・・・涙のあともいつかは懐かしいかも、ね




こーんなにお姉ちゃんになったあのお嬢さん、弟君はおねむです
先日、お目覚めしている弟君にお会いできました


後姿の親子さん、こーゆーお姿をお見送り、これがいいんですってば




「ほたてあかり」 
松江からいらしたあの方から戴きました!灯り、ね
宮城県本吉郡南三陸町歌津、田の浦地区の浜の女性たちの手により、
滋賀県のお寺で出る和ろうそくの残りを再生、ホタテ貝殻に乗せて、エコキャンドルが作られているんです。
ホタテのキャンドル、という華やかなキャンドルも別にあるのですが、いただいた「ほたてあかり」のシンプルな灯りの姿に気持ち和みます







春はお誕生日ケーキも華やかにご用意できる。。。いつものNさんに可愛いッベイビー




三月三日、桃の節句は桃ちゃんのお誕生日、です


桃ちゃん一家と、シャイなMさんといつもチャーミングな息子さん



アメリカのケーキラッパーは抜きがそれは精密で繊細。同じブランドのラッパーを国内で販売されている方もいますが倍の価格設定でお高いなんて変な話。
国内企画で中国産のラッパーも出回り始めました、流石、お安いですが・・・本当はこの何分の一かな。。。
日々使うものではないので、たまにはいいかな、のケーキラッパー。
カップケーの表情を華やかにしてくれます、ね。





マーガレットさん、今月は花婿の母、でした。
お母さんの顔、見せてくださいました、ね。ご立派な息子さんと美しいお嫁さんの晴れ姿。
ご両親のお気持ち・・・少しわかります、かつて結婚式の司会、う~む・・・150組様のお手伝いさせていただいてました・・・涙もろい司会者、でありましたとさ。


FBお友達になってくださったKさん


もうじきママ、なんてね!嬉しい笑顔のFBお友達、お式の画像サンキュです
今度、アップさせてくださいね。


すっかり仲良し仲間にしてくれた坊や、どんどん大きくなって・・・
あっという間にカッコいい青年になっちゃうよね




Mikuちゃんもますます女の子さんに変身~~ですわね


ちょっとステキなアニメーション 下記クリックね
12000枚もの工作用紙で制作されたストップモーションアニメ
[PR]
by metropole | 2012-03-15 23:51